おいしさは、いつも自然から。らくれん

オンラインショップ お問い合わせ facebook
愛媛大学と共同研究 つらい季節に2つのチカラ エヌプラスドリンクヨーグルト 愛媛大学と共同研究 つらい季節に2つのチカラ エヌプラスドリンクヨーグルト

エヌプラスとはABOUT

ミカン果皮に含まれるノビレチンとヨーグルトに含まれるβ-ラクトグロブリンの2つのチカラ ミカン果皮に含まれるノビレチンとヨーグルトに含まれるβ-ラクトグロブリンの2つのチカラ
エヌプラスロゴ

愛媛大学 大学院 菅原卓也教授の研究成果

愛媛大学 大学院
菅原卓也教授の研究成果

ミカン果皮に多く含まれるノビレチンと
ヨーグルトの乳清タンパク質に含まれるβ-ラクトグロブリンの
組み合わせによる増強効果を研究しています。
その研究成果を特許取得(特許第6000206号、特許第6113325号)しています。

みかん本来の風味をいかした香料不使用のヨーグルト みかん本来の風味をいかした香料不使用のヨーグルト
栄養成分表示1本150gあたり
熱量 88kcal
たんぱく質 4.4g
脂質 0.7g
炭水化物 15.9g
食塩相当量 0.2g
カルシウム 138mg
ノビレチン 0.53mg
β-ラクトグロブリン 150mg
エヌプラスのロゴ

ロゴは研究成果を標しています

NPLUSのロゴは、菅原教授の研究成果を標しています。「N(エヌ)」はノビレチンの頭文字Nを、「PLUS(プラス)」はβ-ラクトグロブリンとの増強効果を、文字を囲む円はアレルゲンの刺激からまもることを表しています。
(商標第5849663号)

研究者の略歴

愛媛大学 大学院
農学研究科 生命機能学専攻
教授菅原卓也
TAKUYA SUGAHARA

1988年に九州大学 農学部 食糧化学工学科を卒業後、同大学大学院に入学、1993年同大学院農学研究科修了、博士(農学)となる。
愛媛大学農学部助手、米国テキサス大学ヘルスセンター文部科学省在外研究員、愛媛大学助教授、愛媛大学准教授を経て、2013年より愛媛大学教授。2016年、愛媛大学 大学院 農学研究科附属食品健康科学研究センター長となる。

愛媛大学 菅原卓也教授 愛媛大学 菅原卓也教授

多くのお客様の「うれしい」声USER’S VOICE

*

子供に飲ませてみましたが、おいしそうに飲んでいました。
子供の体のためにも続けて飲ませたいと思います。〈20代女性〉

*

1ヶ月間継続して飲みました。後味がすっきりしていて、量もちょうど良く飲みやすかったです。
これからも継続して飲みたいです。〈30代女性〉

*

毎年花粉の時期はつらいのですが、
エヌプラスを飲み続けていると、今年はなんとなく楽な気がします。〈40代女性〉

*

愛媛大学と共同研究しているというところが安心して飲めます。
あきのこない飲みやすい柑橘の風味でした。〈40代女性〉

*

思っていたより甘くなくて、飲みやすい味でした。
地元愛媛県のみかんを使っているので親しみがわきます。〈50代女性〉

商品紹介へ戻る